さ入れ言葉とは?|例と解説、簡単な見分け方を紹介

「さ入れ言葉」を知っていますか?

謙譲語のつもりで「読ませていただきます」を「読ませていただきます」とするのが、「さ入れ言葉」です。

敬語でとりあえず「させていただく」をつけている方は要注意!丁寧な言葉のつもりで、間違った日本語を使っているかも知れません。

「さ入れ言葉」は、ライティングはもちろん、ビジネスでも避けるべき表現です。

この記事では、

  • さ入れ言葉の解説
  • 簡単な見分け方

を紹介します。ぜひ参考にしてください。

目次

さ入れ言葉の例

さ入れ1 - さ入れ言葉とは?|例と解説、簡単な見分け方を紹介

さ入れ言葉は、「~せていただく」とすべきところに「さ」を入れてしまう表現です。

  • 「読ませていただく」
  • 「書かせていただく」
  • 「行かせていただく」
  • 「休ませていただく」

    さ入れ言葉は、五段活用の動詞で出現します。

    五段活用

    助動詞「ない」をつけると前の語の母音がアになる動詞
    (例:行か-ない、歌わ-ない、話さ-ない)

    「読まァ」「書かァ」と伸ばすと、活用が見分けやすくなります。

    ただし、「話させていただく」はさ入れ言葉ではなく、正しい使い方です。

    「話さ-ない」「探さ-ない」のようなサ行の五段活用では「さ」を入れる

    さ入れ言葉にならない「させていただく」のパターン

    直前の語が「ア」にならない活用形なら、「~させていただく」で正解です。

    「さ」入れが正しい活用形
    • 上一段活用:「ない」をつけると母音がイで終わる動詞
      例:着-ない、用い-ない
      「着させていただく」
    • 下一段活用:「ない」をつけると母音がエで終わる動詞
      例:食べ-ない、決め-ない
      「食べさせていただく」
    • カ変活用:「来る」のみ
      「来させていただく」

      また、熟語に「させていただく」をつける場合もありますよね。

      • 「勉強させていただく」
      • 「検討させていただく」
      • 「辞退させていただく」

      ”熟語+させていただく”で取り敢えず敬語の形になってしまうため、つい「さ入れ言葉」を使ってしまうケースも多いのでは?

      さ入れ言葉の見分け方

      さ入れ2 1 - さ入れ言葉とは?|例と解説、簡単な見分け方を紹介

      さ入れ言葉は、サ行以外の五段活用で出現します。

      よって「させ」がつく動詞の活用形をチェックしていくのが確実です。

      しかし、いちいち活用形を考えながら書くのは大変です。そこで、手っ取り早く見分ける方法を紹介します。

      「さ」を抜いて音読する

      「させていただく」を使ったら、まず「さ」を抜いて読んでみましょう。

      • 「書かせていただく」→「書かせていただく」

      さ入れ言葉なら、「さ」を抜いても意味が変らず、違和感もありません。

      一方、さ入れで正解の言葉だと、

      • 「食べせていただく」→「食べせていただく」
      • 「検討せていただく」→「検討せていただく」
      • 「見せていただく」→「見せていただく」

      意味が変わったり、文章が成立しなくなったりします。

      「見せていただく」と「見せていただく」の違いは?
      • 「見せていただく」→目上の人から、あなたに見せようとしている
      • 「見せていただく」→あなたが、目上の人にお願いして見せてもらう

      どちらも間違いではありませんが、意味が異なります

      文章校正ツールは使える?

      残念ながら、無料で使える文章校正ツールはさ入れ言葉をほとんど拾いません。

      無料の文章校正ツール 『さ入れ言葉』のチェック精度
      PRUV 50%ほどの確率で検知する
      Enno すべて【要チェック】をつける
      文章校正(so-zou) まったく検知せず

      辛うじてPRUVが拾ってくれる程度でした。

      • 有料の校正ツールを頼る
      • 自分でチェックする

      今のところ、さ入れ言葉は簡単にはつぶせないようです。

      さ入れ言葉は間違った敬語

      さ入れ3 1 - さ入れ言葉とは?|例と解説、簡単な見分け方を紹介

      さ入れ言葉は、一番使いそうな「見させてください」でも使用者は約33%と少数派です。

      ”間違った敬語”という認識が強いため、使用は避けましょう。

      • 仕事で使ってしまうと、敬語が使えない稚拙な印象になる
      • ライターが文章で使うなら、「させていただく」自体が冗長表現

      「読ませていただく」のかわりに「拝読」を使うなど、他の言葉への置き換えも一緒に検討するとよいでしょう。

      また文章で使いがちな口語表現に「ら抜き言葉」と「い抜き言葉」があります。ライターなら、覚えておいて損はないですよ!

      関連記事:「ら抜き言葉」とは?|例と簡単な見分け方を紹介

      あわせて読みたい
      ら抜きアイキャッチ 300x225 - さ入れ言葉とは?|例と解説、簡単な見分け方を紹介
      「ら抜き言葉」とは?|例と簡単な見分け方を紹介 「ら抜き言葉で修正を受けたけれど、見分け方がよくわからない!」 と困っている方に、 ら抜き言葉が出現する法則 すぐにわかる見分け方、文章チェックの仕方 を紹介し...

      関連記事:い抜き言葉とは?|例文と見分け方を紹介

      あわせて読みたい
      い抜きアイキャッチ 300x225 - さ入れ言葉とは?|例と解説、簡単な見分け方を紹介
      い抜き言葉とは?|例文と見分け方を紹介 特に親しくない仕事相手から「いつもお世話になってます」とメールが来たら、急に距離を詰められたような違和感がありませんか? それは、この文章が「い抜き言葉」にな...
      よかったらシェアしてね!

      コメント

      コメントする

      このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      目次
      閉じる