Webライターってどんな記事を書くの?始め方から稼ぎ方まで解説

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

「Webライターって興味があるけど、どんなことをやっているのか分からない。」

「Webライターってどんな記事を書くの?初心者でもできるってほんと?」

Webライターは未経験でも始められる副業として注目されていますが、実際にどんな記事を書いているのか、初心者でも書けるのか不安ですよね。この記事では初心者Webライターが書くのにおすすめの記事や、始め方まで解説しています。

後半では稼げるWebライターになるためのコツも紹介していますので、最後まで読んでみてくださいね。

目次

Webライターとは?

24118371 m 1024x683 - Webライターってどんな記事を書くの?始め方から稼ぎ方まで解説

Webライターとは、インターネット上の記事を書くライターのことです。

各企業で副業解禁になって以来Webライターは人気の副業のひとつになっています。資格が不要で誰でも始めやすいことが原因として挙げられます。

Webライターと一言でいっても経験やスキルによって記事だけを書く人、構成から記事まで書く人、ワードプレス入稿までする人とレベルはさまざま。

少し前までは雑誌や新聞などの紙媒体に書いていたライターがサイト記事も書くスタイルでしたが、最近ではWeb専門で書くライターが増え、「Webライター」という言葉が生まれました。

インターネットでの購入ユーザーが増えるにつれ、オウンドメディア(自社サイト)の運営に本格的に乗り出す企業が増えました。Webライターというジャンルが生まれたのも、Web記事制作のニーズが高まってきたからです。

電通は「2021年のインターネット広告媒体費は昨年から続く新型コロナの影響で見通しづらいものの、継続して伸長し、2021年には全体で前年比107.7%、1兆8,912億円になると予測。」(※1)と発表しました。今後企業はインターネットでの販売に、益々力を注ぐようになると予測されます。またこれまでネット販売に消極的だった企業の、新規参入も増えるでしょう。そうなると、サイト作成や記事作成の需要も自然に高まるため、Webライターの需要もあわせて増えていくと思われます。

(※1)引用:「2020年日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」(2021年3月10日電通リリース)

Webライターはどんな記事を書くの?

22163775 m 1024x683 - Webライターってどんな記事を書くの?始め方から稼ぎ方まで解説

Webライターはそれまでの経験や専門分野で、書く記事が変わってきます。以下解説します。

Webライターの記事と仕事の種類

Webライターは書く記事のタイプや内容で報酬が大きく変わります。

以下代表的な記事形式と、報酬のレベルや内容を表にしました。報酬レベルが上がるほど、経験値や専門性が必要です。初心者ライターはブログ記事や、レビュー記事など単価の安いものから書く事に慣れ、レベルアップしていくといいでしょう。

記事の種類クライアント報酬内容
ブログブロガー個人・企業低めお役立ち情報や、商品紹介など、アフィリエイトにつながる記事が多くなります。敷居が低く、初心者におすすめです。
レビュー  個人・企業低めドラマの感想や、個人の体験談などが中心です。文章も短めで、単発の依頼のものが多くなります。
シナリオ個人・企業低めYouTubeの広告動画のシナリオを作成します。物語を考えたり、既存の実話サイトからのお話をまとめたりします。新しいジャンルのお仕事なので未経験でもチャレンジできる分野です。
企業サイト ECサイト  企業中〜一番需要が伸びている分野です。企業サイト内の記事や商品紹介・比較記事などがメインです。一般知識で書けるものから、専門性が必要な分野まで幅広くなります。
コラム エッセイ  企業 媒体運営会社中〜記名で記事を書ける人や専門性のある場合に依頼がきます。単発のものから、連続掲載まであります。報酬はネームバリューで差があります。
インタビュー 対談取材  媒体運営会社高めインタビューや対談をまとめた記事です。取材の交渉から当日の取材だけでなく、まとめるまでの一連の業務が発生します。場合によっては写真撮影も含まれます。報酬は高めですが、事前準備や当日の時間を考える必要があります。
プレスリリース 企業PRサイト  企業高め企業の公式文章が書けるライティングスキルが必要です。また広報の知識と業界知識も必要です。
セールスレター 記事広告  企業高め企業の商品を売るためのサイト記事作成です。記事風の広告の事は記事広告、縦に長いセールスページはLP(ランディングページ)とも呼ばれます。コピーライティングの知識が必要なため報酬は高めです。

Webライティングの構成例

Webライティングは、小学校で習った「起承転結法」では書きません。先に結論を書いてから詳細を書いていきます。

代表的な型と呼ばれるものをご紹介します。

Webライティングの場合は以下のような型に当てはめて構成を考えて書いていくと、一定の質を持った記事が書けます。

1)PREP法 

Webライティングで最も多く見かける型です。この記事もPREP方で書いています。

結論重視で読者がすぐに内容が理解できる構成になっています。

  • Point  =ポイント・結論
  • Reason =理由
  • Example=実例・事例・詳細
  • Point  =ポイント・まとめ

2)SDS法

こちらも先に概要を伝えることで、読者に内容が理解されやすいことを狙っています。全体で3回同じ内容を繰り返すため、記憶されやすいという特徴があります。テレビのニュースなどで使われる構成です。

  • Summary =全体の概要
  • Detail  =詳細
  • Summary =全体のまとめ

Webライターとブロガーの違い

4786984 m 1024x683 - Webライターってどんな記事を書くの?始め方から稼ぎ方まで解説

Webライターと並んで人気のある副業に「ブログ」があります。

Webライターとブロガーの大きな違いは、書いた記事がそのまま報酬になるのがWebライター、すぐに報酬にはならないが書いた記事が資産になっていき将来的に稼げる可能性があるのがブロガーです。

ブログはメンテナンスが必要なため、完全な不労所得にはなりませんが、書くのをやめると報酬の入らないライターと違い、積み上げていけば財産です。

ご自身の性格や何を目指して副業をするのかで選べばいいでしょう。

もっと詳しい比較を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

Webライターは稼げる?

23737755 m 1024x683 - Webライターってどんな記事を書くの?始め方から稼ぎ方まで解説

副業・専業に関わらずWebライターの収入は出来高制です。

1記事か1文字単位で設定されていることが多く、ジャンルや内容によって差が大きくなります。

初心者ライターでは、1文字0.1円や1記事数百円というレベルのものから、経験者によるセールスレターでは1件10〜50万のものまであります。

副業ライター収入の目安

副業ライターの収入の目安を紹介します。

<サンプル設定>

  • 1日2〜3時間平日稼働時間として、1ヶ月約40〜60時間稼働
  • 記事本数3,000文字の記事を8〜10本納品だと仮定

この場合は文字単価によって大きく変動します。稼働時間を増やすと収入も増えますが、副業の場合、本業に左右されるため無理に詰め込むとはおすすめしません。

レベル文字単価収入目安
初心者0.5〜0.8円12,000〜24,000円
経験者0.8円〜1.5円19,000〜45,000円

   

専業ライター収入の目安

専業ライターの収入の目安を紹介します。

<サンプル設定>

  • 1日5〜6時間平日稼働時間として、1ヶ月100〜120時間稼働
  • 記事本数3,000〜5,000文字の記事を18〜25本納品だと仮定

専業の場合は専門分野や得意とするジャンルで、単価が大きく異なります。

専門分野があると単価は上がりますが、リサーチや書籍を読み込むのに時間が掛かるなど記事1本に掛かる時間が増えます。またクライアントとの打ち合わせの時間や構成作成の時間など、単価アップに伴い書く以外の仕事が増えます。

以下のモデルはサンプルです。分かりやすく文字単価にしていますが、専業になると1本単位での契約も増えます。また、もっと早いスピードで収入を増やすライターも多いため、文字単価に比例してどのくらいの収入になるのかという目安にしていただけたらと思います。

レベル 文字単価 収入目安
1年未満1〜1.5円6万〜15万円
1年〜2年1.5円〜2.5円10万〜20万円
2年〜2.5円〜10円20万円〜100万超

   

Webライターの始め方

23783778 m 1024x683 - Webライターってどんな記事を書くの?始め方から稼ぎ方まで解説

Webライターを始める方法をご紹介します。

Webライターは特に登録も必要なく、本人次第で始められます。

書くことに特に問題がなければ、まずクライアントからの契約を取ることから開始します。今ではクラウドソーシングサービスを使い、簡単に個人で契約が取れるようになりました。

まずはタスク案件と呼ばれる1つ単位の仕事を請け負い、実績を作って行きましょう。プロフィールに実績が付くとプロジェクト提案も通りやすくなります。

詳しいクラウドソーシングサービスの使い方などはこちらの記事をご覧ください。

→内部リンク

Webライターは未経験でもなれる?

Webライターは未経験でなれます。しかし全く経験がない場合は、単価が安い案件しか提案が通らないなど、最初で挫折してしまう人が多いのも事実です。

計画を立てて、レベルアップすることが継続するには必要です。

また初期の頃は悪質なクライアントに騙されるケースも多いため、しっかりと情報収集してスタートされることもおすすめします。

表に出ていない情報を収集するには、ライティングサロンに入ってみるのもいいでしょう。

ライティングサロンだけのサービスもありますし、マニュアルや教材に付帯してくる無料のサロンもあります。

Webライターは副業からがおすすめ

Webライターを始めるなら副業からがおすすめです。すでに実績がある、専門分野がある場合は別ですが、最初の数ヶ月はクライアントへの提案営業で終わってしまう可能性もあります。

いきなり独立せずコツコツ開始し、実績と自信を積み重ねましょう。

Webライター初心者が案件を取る方法

Webライター初心者が一番辛いのは最初の数件です。実績もないライターにクライアントも仕事は発注しにくいですよね。

1件目だけは数百円のタスク案件をとり、実績を1にします。クライアントを選ぶ時の最低条件を挙げておきます。

  • ★4つ以上
  • 業務完了率80%以上
  • 10件以上の発注実績

コメントも読み込んでみて、「ありがとう」だけでないコメントがあるようなクライアントを探します。最初の1件でいきなり0.1円の記事20本や、テスト案件で5,000字500円など出してくる悪質な搾取クライアントもいますので気をつけましょう。文字単価0.5円以下の場合は1本だけと決めて、すぐに0.8円以上の案件を探すようにするのがコツです。

安すぎる単価の案件を続けるとモチベーションも上がらないため、単価の高い案件にどんどんチャレンジしましょう。

稼げるライターになるために

23080865 m 1024x683 - Webライターってどんな記事を書くの?始め方から稼ぎ方まで解説

ライターは稼げないというイメージがありますが、計画的にステップアップすると稼げるライターになれます。

以下、すぐに始められるおすすめの方法をご紹介します。

プロフィールと提案文を本気で書く!

プロフィールと提案文を簡単に書いているライターも多いのですが、ここが一番重要です。
クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで、トップライターのプロフィールを読み込み、まねすることからはじめてみてください。

また提案文には「初心者」という言葉は禁句です。ご自身の経験や過去書いたもの何でもいいので盛り込み、熱意のある提案文を書きましょう。

提案文のサンプルも検索するとでてきます。ぜひ熱い提案文を書いてください。

クライアント対応のポイント

クライアント対応は、契約を取るまでだけでなく、取った後もとても重要です。

基本的なビジネスマナーが守れていないライターも多いため、以下のことを守るだけでクライアントからは信用が得られます。

ライターを継続するにはクライアント獲得にも時間が取られます。クライアントと良い関係が築ければ、継続してもらいやすくなり、あなたの時間をセーブすることにも繋がります。

<クライアント対応の基本>

  • 報連相は早めに
  • 返事はできる範囲で早めに(タスクの合間で3時間〜遅くても当日返信を心がける)
  • 納期を守る
  • クライアント毎のレギュレーションを守る
  • 丁寧なやりとりを心がける

ブログを立ち上げる

特に初心者で未経験の場合は、クライアントへ紹介する実績がありません。
ライティングに慣れる目的も兼ねて、ブログを開設することをおすすめします。それも無料ブログではなく、ワードプレス入稿ができると文字単価があがるクライアントも多いため、できればワードプレスでご自身のブログを作ってみましょう。
最初のハードルは高そうですが、ライターとして単価アップが狙えるスキルも身につくため、ぜひチャレンジしてみてください。

記事が数記事書けたら、それを提案文に貼ってクライアントへアピールしてみましょう。

専門ジャンルを作る

Webライターで稼ぐためには、専門ジャンルを作るのが早道です。金融分野など、単価の高いジャンルで選ぶこともできますが、自分の興味がある分野が長続きします。
専門分野を掘り下げていくと、経験値が積み重なり単価は数倍です。

主なジャンルは下記の通りです。

  • 金融系(株・FX・仮想コイン・長期投信など)
  • 医療系
  • 法律系
  • 人事・転職系
  • コスメ・美容系
  • 健康食品・サプリ系
  • グルメ系(お店の紹介・料理ごとのジャンル別でも)
  • 旅行系(国内・国外・移住情報など)
  • エンタメ系(音楽・映画・ドラマ・芸能人など)
  • スポーツ系


2014年に薬事法が改正され薬機法(正式名称「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)になって以来、医療・美容・健康食品系に関わる表現は規制が厳しくなりました。また取締りも厳しくなり薬機法に抵触した場合、ライターも罰則を受ける可能性があります。医療・美容・健康食品系のジャンルを選ぶ場合は、薬機法など専門の知識を勉強することをおすすめします。

SEOライティングを学ぶ

Webライターで一番伸びている分野が、企業サイト向けのライターです。ブログ記事で自信をつけたら、どんどん好きなジャンルの企業サイトの記事へチャレンジしましょう。
その時に一番身に付けておいてほしいスキルがSEOライティングです。

SEOライティングと聞くと難しそうなイメージがありますが、基本を学ぶだけで記事の質が変わってきます。

インターネットやYouTubeを使い無料で学べる知識も多くありますが、まとまって学ぶ方が効率的です。評判の良いスクールも視野に入れて、SEOライティングのスキルは早めに取得しましょう。

稼げるWebライターへの近道とは?

2484143 m 1024x683 - Webライターってどんな記事を書くの?始め方から稼ぎ方まで解説

いかがでしたか?Webライターってどんなことをしているのか紹介してきました。もしあなたがWebライターに興味があるなら、SE0ライティングの知識は真っ先に勉強してほしいスキルです。

素人がすぐにSEOライティングが身に付くマニュアルを紹介しています。
→SEOライティングの重要性からハブ式のマニュアルリンクへ

こちらの教材ではSEOと構成が学べるだけでなく、無料の添削まで受けられます

多くの新人ライターをプロとして活躍できるようにしてきました。

「Webライターって興味があるけど、SEOライティングなんて無理。」と思っているあなたに手に取っていただきたいマニュアルです。

単価0.1円ではなく、SEOライターとして最低単価1円からスタートできます。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる